TOPICS一覧

にっぽん子育て応援団 メールマガジン ・:*:☆ vol.90 ☆:*:・February 2017

2017/02/22

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

にっぽん子育て応援団 メールマガジン ・:*:☆ vol.90 ☆:*:・February 2017

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

先日、にっぽん子育て応援団の企業サポーターのみなさまとの交流会が終了しました。

にっぽん子育て応援団は、様々な企業の人事その他のみなさまと連携しながら、
企業に勤める子育て期のみなさんが、十分に子育てができる時間や環境を整えることを
事例や体験談、あるいは先進企業との連携などで、強く応援をしています。

今回のテーマは「イクボス」そして「長時間労働の撲滅」でした。
男性も女性も生産性を高め、残業をしないことを当たり前にすることで、育休取得も可能
ですし、育児に存分に参加できるようになります。また、そういった経験は、仕事の生産性
向上にもつながりますし、同じような子どもを持つ部下の労働環境の整備にも役立ちます。

とはいえ、子どもを3人持つ私としては、1日8時間労働でも多すぎると考えていまして、
1日6時間労働ぐらいで十分、その上で、家のことを2時間から3時間できるような環境ま
で進んでいかないと、なかなか子育てと仕事の両立は難しいのではないかと思っています。

その証拠に、多くの小さな子どもを持つ女性は1日の労働時間が短いパートタイムを選択
しています。
北欧などでは午後4時ぐらいに両親が帰ってきて、そのまま子育てを一緒に行います。
午後6時午後7時の帰宅では遅すぎるのです。
そのためには、徹底した人工知能の活用や、あるいは顧客に必要がないサービスを
徹底的に削減するといったような抜本的な改革が必要なのではないでしょうか。

にっぽん子育て応援団は、これからも、引き続き、お父さんとお母さんが気持ちよく
企業に勤めながら存分に子育てできる環境を、様々な面から応援していきます。

企業・団体サポーターをご検討中のみなさま、ぜひこれを機会に子育て応援団に参加し、
一緒にお父さん社員、お母さん社員を応援していきませんか?

    にっぽん子育て応援団団長 勝間和代

         
--------------------------------------------------------------------------------
INDEX

■What's NEW?
 □「地域まるごとケア・プロジェクト」報告会
多数のご参加をありがとうございました
 □「企業団体サポーター交流会 ~イクボスの育て方~」
終了しました
 □「にっぽん子育て応援団 8周年記念フォーラム」は
5月28日開催予定です
 □地方版子ども・子育て会議の情報交換の場!
    「わがまち子ども・子育て会議ML」
 □講演・セミナーのご依頼、お引き受けいたします
■サポーター紹介
 □企業・団体サポーター
 □自治体首長の子育て応援宣言!
 □NPO・市民活動団体
 □個人サポーター
■気になるニュース&イベント
 □東京家政大学女性未来研究所企画イベント
    「女性未来フェスタ」開催のお知らせ
 □墨田区「子ども主体の協同的な学びプロジェクト」
    合同発表会開催のご案内
 □平成28年度盛岡市子ども・子育て支援事業
    「子育て応援フォーラム」開催のご案内
■子ども・子育て支援新制度関連情報
■賛同金お振込先
■Facebook&Twitter
■配信停止はこちらから

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆What’s NEW? ◆◇◆

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇「地域まるごとケア・プロジェクト」報告会
多数のご参加をありがとうございました ◇◆

公益財団法人さわやか福祉財団からの委託事業として3カ年で進めている
「地域まるごとケア・プロジェクト」、2年目の調査報告会を、2月5日(日)
港区虎ノ門の発明会館ホールにて開催しました。
北海道から九州まで、全国各地から多数の方々にお越しいただき、大好評のうちに
終了いたしました。ご参加くださった皆様ありがとうございました。

今年は念願叶い、「地域まるごとケア」の名付け親である、東近江市永源寺診療所長の
花戸貴司さんに基調講演をしていただきました。
「年老いても、認知症になっても、独り暮らしでも、その人らしく安心して暮らしていける
地域づくり」に向けたチーム永源寺の取り組み。
たくさんのエピソードとともにお話しいただき、まさにいのちの現場にたくさんの方々が
関わるお話でした。

パネルディスカッションでは香川県高松市、大分県豊後高田市、愛知県の知多半島地区、
3つの地域それぞれの実践事例と課題を共有。その場にいた各々が、「自分は地域で何が
できるか」を具体的に思い描く場となったことが、参加者アンケートに感想として多数
寄せられています。

現在、報告会の内容を収めた「2016年度報告書」を製作中で、4月には皆様のお手元に
お届けできる予定です。
販売方法などは、サイトや、こちらのメルマガで追ってお知らせいたします。

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇「企業団体サポーター交流会 ~イクボスの育て方~」
終了しました ◇◆

にっぽん子育て応援団では、例年企業・団体サポーター交流会を開催しています。
今年度は、一般社団法人中小企業動労福祉協会の会議室をお借りして、
「イクボスの育て方(ダイバーシティ・マネジメントのできる人材育成)」を
テーマに、2月13日(月)、川口市の中小企業労働福祉協会会議室にて開催しました。

ご参加くださったのは、サポーター企業・団体 6社、会員外企業 2社の
人事担当者など計22名。小規模ならではのアットホームな距離感の中、
「生産性向上のためには?」「女性が多い会社のマネジメント術は?」など、
「イクボスの育て方」に留まらない労働問題全般にまで話が及び、
オフレコ話なども飛び出す、熱くも和やかな交流会となりました。

にっぽん子育て応援団の企業・団体サポーター交流会は来年度も開催予定です。
「まだ登録していないけれど、興味ある」という企業・団体の皆様は、
ぜひこの機会に登録をご検討ください。

◇ 企業・団体サポーターのお申し込みはこちらです
→ http://nippon-kosodate.jp/enterpriserecruitment.html

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇「にっぽん子育て応援団 8周年記念フォーラム」は
5月28日開催予定です◇◆

2017年5月でにっぽん子育て応援団は8周年を迎えます。
今年は、5月28日(日)に周年記念フォーラムを開催することが決定いたしました。
テーマ等の詳細は、次号のメールマガジンにてお知らせいたします。

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇地方版子ども・子育て会議の情報交換の場!
  「わがまち子ども・子育て会議ML」◇◆

2013年3月に立ち上げた「わがまち子ども・子育て会議ML」。
2017年2月現在、ご参加者が472名になりました。
全国の子ども・子育て会議の委員、自治体担当者、子育て支援に関心の高い方々が
続々とご参加、各地から子ども・子育て会議の開催報告、市町村子ども・子育て
支援事業計画進行管理に関する報告などが届いています。子ども・子育て支援
新制度が本格スタートして3年目となる2017年度は、事業計画の中間見直し
の節目となります。

貴重な情報源として、また意見交換の場として、どうぞご活用ください。
今から参加しても、これまでの投稿をお読みいただけます。

 ◇こちらから→ http://nippon-kosodate.jp/topics/topics.cgi?ID=00174

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇講演・セミナーのご依頼、お引き受けいたします◇◆

にっぽん子育て応援団では、世代、党派を超え、社会が一丸となって子ども
子育て家庭を応援する社会づくりに向けて、地域、職場での子育てを応援する
気運の醸成のため、にっぽん子育て応援団の団長、企画委員、運営委員などに
よる講師派遣を行っております。
各種講演・セミナー・職員研修・企業研修に、どうぞお役立てください。

 <2016年度講師派遣実績・講演予定>
  6月3日 コンビウィズ株式会社社内研修
       「少子高齢社会の子育て支援の現状と課題」

  9月3日 NPO法人 四日市男女共同参画研究所 市民講座
    「なぜ少子化は止まらない」--平成10年厚生白書
    “子どもを産み育てやすい社会は男女共同参画社会である”
       その後・これから

  9月29日 たかまつ子育てフォーラム
       「子育てするなら高松市ってホンマ?」

  3月8日 平成28年度盛岡市子ども・子育て支援事業
       「子育て応援フォーラム」にて講演予定

 【講演テーマ例】
  
 「子育て支援とCSR」、「男女共同参画」、「ワーク・ライフ・バランス」、
 「女性活躍推進」、「ダイバーシティ」、「父親の育児参画」、
 「イクボス・イクジイ」、「働き方」、「ダブルケア(子育てと介護)」、
 「地域子育て支援」、「家庭教育」、「子育て支援施策」、
 「子ども・子育て支援新制度」、「保育行政(教育・保育)」、「社会的養護」、
 「地域保健福祉」、「共生社会(インクルージョン)」、「青少年健全育成」、
 「子どもの暮らし」、「子育てと防災」、「小児医療」、「子ども虐待」

 など

 詳細については、こちらのページをご覧ください。

 ☆講演・セミナーのご依頼について。
 http://nippon-kosodate.jp/topics/topics.cgi?ID=00227

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇「わがまちの未来を語る子ども・子育て会議実践ガイドブック」◇◆

地方版子ども・子育て会議を、わがまちの子ども・子育て当事者の参画による、
子ども・子育て支援事業計画の策定や推進に役立ててもらおうと、「わがまちの
未来を語る子ども・子育て会議実践ガイドブック」を作成致しました。
子ども・子育て会議運営のコツや、国および先進自治体の情報を、A5判
48ページというハンディサイズにまとめました。

事業計画がスタートしたこれからは、事業の見直しやさらなる充実に向けた
協議が重要となってまいります。会議委員の改選時期でもあり、会議の持ち方
や今後に向けた事業の点検・評価、見直し協議の進め方などを、再度点検したい
ときや、ご担当者の引継ぎにも、参考資料としてご活用いただけます。

1冊1,000円で、送料はにっぽん子育て応援団が負担いたします。
代金先払いでお受けしています。

 ◇お申し込み→ https://ssl.formman.com/form/pc/z1BDpc3cLtww2IIK/

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆サポーター紹介 ◆◇◆

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇2017年2月現在の企業・団体サポーターご登録は35社になりました。

 ◆企業・団体サポーターをみる

 (公式サイトにアップされていない企業・団体サポーターもいらっしゃいます)

  http://nippon-kosodate.jp/enterprisesupporter.html

 ◆企業・団体サポーターのお申し込み

  http://nippon-kosodate.jp/enterpriserecruitment.html

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇自治体首長の子育て応援宣言!◇◆

◇2017年2月現在、36名の自治体首長の方々が応援宣言をしています。

2016年3月に子育て応援宣言 桂川孝裕 亀岡市長
2016年4月に子育て応援宣言 倉田薫 池田市長
2016年5月に子育て応援宣言 原田英之 袋井市長

 ◇子育て応援宣言をみる→ http://nippon-kosodate.jp/declaration.html

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇NPO・市民活動団体登録◇◆

 ◇2017年2月現在、266団体が登録しています。
 ◇専用メーリングリストにも登録できます。
 ◇検索はこちら→ 
https://e1055.secure.jp/~e1055007/cgi-bin/db.cgi?mode=search&P1=99&P2=99&P3=99

 ◇登録はこちら→ https://e1055.secure.jp/~e1055007/mailform_npo.html

◆◇個人サポーター◇◆

 ・:*:☆ 目指せ!サポーター登録、100万人!!☆:*:・

 サポーターの輪を広げよう!

 ◇今現在のサポーター数→https://e1055.secure.jp/~e1055007/cgi-bin/result.cgi

 ◇登録はこちら→ https://e1055.secure.jp/~e1055007/mailform_kojn.html

◆にっぽん子育て応援団の活動は、皆さまの賛同金によって支えられています。
NPO・市民活動団体登録、サポーター宣言と同時に、賛同金による応援もお願いします。
賛同金に関しては、メルマガのラストで紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆気になるニュース・イベント◆◇◆

  子ども・子育て会議推進応援団ブログ http://kosodateouendan.sblo.jp/
  関連団体告知ブログ http://kokuchi.sblo.jp/ に掲載しています。

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆墨田区「子ども主体の協同的な学びプロジェクト」
合同発表会開催のご案内 ◆◇◆

墨田区で行っている「子ども主体の協同的な学びプロジェクト」の取組発表と、
公開保育等に携わったアドバイザーによるパネルディスカッションが開催されます。
多くの皆様のご参加をお待ちしています。

【日 時】2017年2月28日(火) 18:00~20:30
【場 所】すみだリバーサイドホール イベントホール(墨田区役所2階)
      (東京都墨田区吾妻橋一丁目23番20号)
【参加費】無料
【申込方法】墨田区役所子ども課保育担当へ電話にてお申し込みください。
      (電話番号 03-5608-6161)

◇詳細はこちら → http://kokuchi.sblo.jp/article/178765553.html

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆平成28年度盛岡市子ども・子育て支援事業
「子育て応援フォーラム これからの子育て支援のありかたについて考えよう」
開催のご案内◆◇◆

盛岡市応援プラザオープンに向けて、これからの子育て支援のあり方について考える
「子育て応援フォーラム」を開催します。子育て支援者・子育てサークルリーダー・
行政関係者・子育てに関心のある方々のご参加をお待ちしています。

【日 時】:平成29年3月8日(水) 13:00開場 13:30開演
【場 所】:プラザおでって3階おでってホール
【入場料】:無料
【定 員】:100人
【申込方法】:2月28日までにFAXまたはメールにてお申込ください。
     詳細はこちらから
     http://iwate-kosodate.com/
【託 児】:あり(無料) 定員6名*要予約にて先着6人

【内 容】
基調講演「これからの子育て支援は地域まるごと」
講師 松田妙子氏(NPO法人せたがや子育てネット 代表理事)
パネルディスカッション「盛岡市応援プラザに期待すること」

【お問い合わせ先】認定NPO法人いわて子育てネット
         019-652-2910

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆東京家政大学女性未来研究所企画イベント
  「女性未来フェスタ」開催のお知らせ ◆◇◆

東京家政大学女性未来研究所の三年間の活動プロセスと結果を、
研究員をはじめ多くの人たちと共有し、未来と発展につなげていくべく、
女性未来フェスタを開催します。

【日 時】 2017年3月9日(木)13:00~16:00(開場12:30)
【会 場】 東京家政大学板橋キャンパス 120―2B 講義室
 (東京都板橋区加賀1-18-1 JR十条駅徒歩5分)
【参加費】 無料(先着80名 要申し込み)
【お問合せ・お申込み】東京家政大学女性未来研究所
(電話:03-3961-5305 Mail:josei-mirai@tokyo-kasei.ac.jp )

◇ プログラムなどの詳細は、以下をご覧ください。
→ http://www.tokyo-kasei.ac.jp/tabid/2311/index.php

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆子ども・子育て支援新制度関連情報◆◇◆

平成27年4月1日、内閣府に子ども・子育て本部が立ち上げられました。
「子ども・子育て本部」の看板は植物に水をかけ、育てて行こうというイメージ。
子ども・子育て支援新制度をみんなで育てて行きましょうという願いが
込められています。

 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201504/01kodomo.html

 Facebook: https://www.facebook.com/sukusuku.japan
 Twitter : https://twitter.com/sukusuku_japan

○利用者支援事業のガイドライン、自治体向けFAQ更新版など、大切な情報が
次々にアップされるとともに適宜更新されています。子ども・子育て支援新制度の
概要のほか、関連基礎データ、教育・保育施設における事故データベースなども
掲載されています。

 http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆賛同金のお振込先◆◇◆

--------------------------------------------------------------------------------

にっぽん子育て応援団の活動は、皆さまの賛同金によって支えられています。
賛同金は、随時受け付けております。ぜひ、ご協力お願い申し上げます。

 ☆ゆうちょ銀行 店名:〇一九店(019)当座
  口座番号:0318481口座名:にっぽん子育て応援団
 (振替口座番号:00110‐7‐318481)

 ☆三菱東京UFJ銀行 赤坂支店(店番609)
  普通口座:0021924
  口座名:にっぽん子育て応援団 団長 樋口恵子

  カナの場合:ニッポンコソダテオウエンダン ダンチョウ ヒグチケイコ

 ◆JustGivingJapanからも寄付ができるようになりました。

 ◇にっぽん子育て応援団のページ→ http://justgiving.jp/npo/833

--------------------------------------------------------------------------------

◆◇◆にっぽん子育て応援団 Facebook&Twitter◆◇◆

--------------------------------------------------------------------------------

 ◆FBページはこちら→ https://www.facebook.com/nipponkosodate
 ◆Twitter はこちら→ http://twitter.com/#!/nipponkosodate
  ◇アカウント名: @nipponkosodate
  ◇ハッシュタグ: #ncps

 ◆会員数:2017.2.22 現在 4691人

 ◆このメールマガジンの記事の無断引用、転載を禁じます。

--------------------------------------------------------------------------------

◆このメールマガジンの配信を停止したいという方◆

 このメールマガジンは『にっぽん子育て応援団』ゆかりの方に配信しております。
 お手数ですがこちらまで→ kaijyommagazine@nippon-kosodate.jp
 登録されているメールアドレスから、件名を『配信停止』として送信してください。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



講師派遣いたします

にっぽん子育て応援団について

  • にっぽん子育て応援団とは?
  • 趣旨書
  • 企画した人たちは?
  • お問い合わせ

企業サポーター紹介

にっぽん子育て応援団に賛同する企業・団体サポーターを紹介!

企業サポーター紹介

自治体首長の子育て応援宣言

自治体首長よりコメント

自治体首長の子育て応援宣言

NPO・市民活動団体

NPO・市民活動団体を
募集しています。

応援団の応援をお願いします

ロゴ・キャラクターを広めよう
バナーをはろう

にっぽん子育て応援団

ロゴ・キャラクターに込めた想い

佐野研二郎氏より
コメント

佐野研二郎氏