企業サポーター紹介

企業サポーターをみる

株式会社Kura ken

団体名:株式会社Kura ken

代表取締役:白井 公二

所在地:東京都文京区音羽1-22-16二見ビル3F

URL:http://fams-skin.com/

宣言

株式会社Kura Kenは赤ちゃんの肌をバリアのチカラで守る製品(ファムズベビー)を取扱う会社です。
汗をかいてもふき取って落ちずに長時間つづくバリア効果がデリケートな肌を乾燥や雑菌などから守る新しいコンセプト製品です。
各地のイベントに参加して「肌には”バリアケア”という新しい発想の提案」と「最新の情報」を元に、
肌トラブルや食物アレルギーのリスクを減らすことができることを発信して、全国のママたちと意見交換をさせて頂いています。
その思いは「肌を守ることで赤ちゃんが健やかに育ってくれること」「肌トラブルになることでさまざまな二次被害を未然に防ぐこと」
「家事・育児・仕事で忙しいママの手肌を守ること」これらをモットーに、
ストレスなく育児に専念して、母子とも健やかに過ごせる生活に貢献できればと思っています。
未来ある子供たちが毎日笑って、元気に育つよう「にっぽん子育て応援団」の活動に賛同し、微力ながら
サポートさせていただきたいと思います。

日本労働組合総連合会(連合)

団体名:日本労働組合総連合会(連合)

会 長:神津 里季生

所在地:東京都千代田区神田駿河台3-2-11

URL:http://www.jtuc-rengo.or.jp/

宣言

2015年4月より子ども・子育て支援新制度がスタートしました。
連合は、これまでも「子どもの最善の利益」の基本理念のもと、
男女がともに安心して子どもを産み育てられる環境づくりに向け、子ども・子育てを社会全体で支える総合的な支援体制を求めてきました。
また、幼児教育・保育の質の改善をはかるため、保育士の処遇改善や職員の配置基準の改善なども訴えてきました。
こうした課題を着実に解決していくためには、子ども・子育て支援新制度を実効あるものにしていくことが必要です。
そのために、すべての自治体で労使代表を含む多様なステークホルダーの参画のもと、
新制度の実施状況の点検と検証を行い、
地域ニーズに応じた支援を確実に行っていかなければなりません。
連合は、子ども・子育てを社会全体で支える仕組みの構築のため、にっぽん子育て応援団の取り組みを進めていきます。

住友生命保険相互会社

団体名:住友生命保険相互会社

所在地:東京都中央区築地7-18-24

URL:http://www.sumitomolife.co.jp/

宣言

住友生命では、
「次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、かつ育成される環境整備」に向けた
社会貢献活動を行い、企業の社会的責任(CSR)を果たすとともに、
すべての職員が持てる意欲・能力を最大限発揮し、

心身ともに健やかで伸びやかに働き続けられるよう様々な取組みを行っています。

2007年度からは、「未来を強くする子育てプロジェクト」を実施しており、
「子育ての喜び・すばらしさ」を社会に啓発するとともに、
日頃から子育てに関わっている方々を支援しています。
また職員に対しては、2005年4月以降、育児休業制度の充実をはじめ、
子どもが小学校卒業まで利用可能な育児短時間勤務制度を導入、
出産・育児等の諸制度をまとめたガイドブックを全職員に配布する等、
出産・育児を経ても活躍し続けられる環境づくりを進めています。
これらの取組みが評価され、3期連続で次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。

健やかな子育てと夢のある未来づくりをめざす企業として、
私たちは「にっぽん子育て応援団」の趣旨に賛同し、その活動を応援します。

資生堂

企業名:資生堂

所在地:東京都中央区銀座七丁目5番5号

URL:http://www.shiseido.co.jp/

宣言

資生堂では1990年に育児休業制度を導入するなど、比較的早い時期から
ワーク・ライフ・バランスの考え方に基づき、子育て環境を積極的に整備してきました。

03年には事業所内保育施設「カンガルーム汐留」の設立と近隣企業への開放、
07年には育児時間を取得する美容職の代替要員を店頭に派遣する「カンガルースタッフ体制」を
全国導入するなど、 これらの取り組みが評価され次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。

08年には育児時間取得中の社員は転居を伴う異動の対象外とするなど
人事制度の改訂や男性の育児参加促進キャンペーンなどを推進しています。

今回発足しました「にっぽん子育て応援団」の活動も微力ながら
サポートをしたいと考えております。

全日本空輸株式会社

企業名:全日本空輸株式会社

所在地:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティーセンター

URL:http://www.ana.co.jp/

宣言

ANAでは、育児と仕事を両立させていきいきと働く社員を支援、
そのための制度や環境づくりを積極的に行っており、
次世代認定マーク「くるみん」を取得しております。

また、厚生労働省の「仕事と生活の調和推進プロジェクト」に参画し、
全社員のワーク・ライフ・バランス推進にも取り組んでおり、
「子ども職場参観日」や残業削減の諸施策を通じて、その浸透を図っています。

当社社員を含めて、わが国の多くの人が子育てと仕事を両立させ、
より輝かしい人生を歩んでいけるよう、
また子どもたちがより健やかに成長していけるよう、
私どもは「にっぽん子育て応援団」の趣旨に賛同し、応援してまいります。

株式会社 コマーム

企業名:株式会社 コマーム

代表取締役:小松 君恵

所在地:埼玉県川口市栄町1-4-16

URL:http://www.comaam.jp

宣言

私たちはコマームは「育児共済制度」のような
社会全体で子育てを応援するしくみが創設されることを望んでおります!

コマームとしては保育者のプロを育成するとともに、雇用の創出、
多様な働き方ワーク・ライフ・バランスを推進してまいります。

生まれたばかりの命の輝き、長年重ね続けた命の尊さに触れる日常をいとおしむ…
これが私たち「こころ ま〜るく むすぶ コマーム」の原点です。
「お子さんの最善の利益」を基本に据え、保育を通し
家庭や地域に「和を尊ぶ文化」創造する企業を目指しております。

NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク

団体名:NPO法人 児童虐待防止全国ネットワーク

理事長:吉田 恒雄

所在地:東京都世田谷区松原1-38-19 東建ビル502

URL:http://www.orangeribbon.jp

宣言

当ネットワークは子どもたちと虐待に関わる各分野での情報交換や共同のソーシャルアクションを行い、
また現状や見通しなど各分野からの意見・報告を積み重ねて検討したり
シンポジウム等で発信したりする活動と、子ども虐待の現状や防止について
国民に広く啓発するための活動を行っています。

現在1週間に一人の子どもが虐待で命をなくしています。
オレンジリボン運動を通して子ども虐待の現状を伝え、
多くの方に子ども虐待の問題に関心を持っていただき、
市民のネットワークにより虐待のない社会を築くことを目指しています。

情報労連

団体名:情報産業労働組合連合会(情報労連)

中央執行委員長:野田 三七生

所在地:東京都千代田区神田駿河台3-6全電通労働会館5F

URL:http://www.joho.or.jp/

宣言

私たちは、情報産業を中心に幅広い業種に従事する22万2千名の労働者が
結集する産業別労働組合です。

私たち情報労連は、経済的な豊かさのみを追求してきた「便利な社会」から、
「自立・自律」と「協力・協働」による「暮らしやすい社会」の実現に向け策定した
「情報労連・21世紀デザイン」に基づき、社会から期待され、共感される運動の展開を図るべく、
様々な取り組みを行っています。

とりわけ、社会的な課題である「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」については、
すべての労働者が十分な生活時間を確保することが重要であるとの観点から、
「時間主権の確立」「多様な正社員の実現」「企業の社会的責任(CSR)の推進」等の取り組みを
行っています。
また、『次世代育成支援対策推進法』の改正等も踏まえ、
すべての企業における次世代育成支援行動計画の策定に向けた取り組みを強化し、
育児支援等の充実を図るべく活動しています。

私たち情報労連は「にっぽん子育て応援団」の活動趣旨に賛同し、
サポーターとして活動していくとともに、これからも様々な取り組みを通じて、
すべての働く仲間が安心して子供を産み育てることのできる社会の実現に向けた運動を
展開していきます。

認定こども園(学校法人 渕野学園)富士見が丘幼稚園

 

団体名:認定こども園(学校法人 渕野学園)富士見が丘幼稚園

事務局:大分県大分市富士見が丘東2丁目8番6号

URL:http://fujimigaoka-youchien.com/

宣言

“そんなに急いでどこへ行く”・・・・ そんなCMが登場して数十年が経過しましたが、その時以上に走り続けている今の「日本」に子ども達は将来の夢を持つことが出来るのでしょうか? 
また、社会情勢に正比例するかのように、子育てまでも、忙しく、そして、急いでいる
現実に危機感を感じています。 脈々と受け継がれてきた「日本人の子育て力」を今一
度見直そうではありませんか?

幼児期の子育ては手塩にかけて育てることです。
                        その営みの中で『親子の絆』が作られていきます。 

障がいのある子もない子も幸せな人生をおくることができるように、私たちは子ども
達のためにより良い環境を提供して行きたいと思います。 
そして、親から愛されていることを実感できる子ども達が育つようにアクションを起こしていきます。

富士見が丘幼稚園は『にっぽん子育て応援団』の趣旨に賛同し、応援をしていくことをここに宣言します。

第一生命保険株式会社

企業名:第一生命保険株式会社

所在地:東京都千代田区有楽町1-13-1

URL:http://www.dai-ichi-life.co.jp/

宣言

第一生命では、妊娠・出産・育児といった女性職員のライフステージにおいて職員一人ひとりが子育てしながら、安心していきいきと働けるよう充実した制度を整えてきました。また、次世代育成支援対策推進法の行動計画を2年ごとに策定し、男性の育児休業の促進にも積極的に取組んでおります。こうした取組みが認められ、「くるみんマーク」(次世代認定マーク)を3回取得しています。

同時に、育児・介護等の両立支援だけでなく、男性・女性に関わらず、労働時間の縮減、年次有給休暇取得の促進や、2012年には在宅勤務制度を導入するなど、ワークスタイルの変革にも取組んでいます。仕事の効率化を図り、個人の生活を充実させることは、個々人の新たな発想や気づきに繋がり、会社の成長にも繋がります。こうした考えから、当社はワーク・ライフ・バランスの実現に積極的に取り組んでいます。

グループビジョンである「いちばん、人を考える会社になる。」ことを目指す当社は、安心して子育てできる社会をつくり、健やかな子どもの成長を願う「にっぽん子育て応援団」の趣旨に賛同し、企業サポーターとして活動を応援していきます。

キリン株式会社

企業名:キリン株式会社

所在地:東京都中野区中野4−10−2中野セントラルパークサウス

URL:http://group.kirin.co.jp/

宣言

キリン株式会社では、男女を問わず、子育てを行う社員が仕事と家庭を両立することができる
環境づくりを目指しています。

07年には短時間勤務の充実や、男性が育児休業を取得し易い仕組みとして育児休業の一部有給化を
導入しました。
それらの取組みが認められ、次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。
また、同年には女性活躍を推進する組織「キリン・ウィメンズネットワーク」を立ち上げ、
女性社員の声がより聴き入れられる、風通しのよい組織風土になっています。

これからも社員がいきいきと働き続けられる会社として、子育て支援の環境づくりを推進していきます。

そして、私たちは「にっぽん子育て応援団」に賛同し、活動をサポートします。

株式会社千趣会

企業名:株式会社千趣会

代表取締役:星野 裕幸

所在地:大阪市北区同心1−8−9

URL:http://www.senshukai.co.jp/

宣言

株式会社千趣会では、「ウーマン スマイル カンパニー」を企業ビジョンとして、女性の毎日に笑顔を届ける事を通じ、社会の幸せに寄与してまいります。

2007年、「次世代認定マーク(くるみん)」を取得、小学校3年生の末まで可能な短時間勤務制度、
本人や上司に向けて作られた「両立支援マニュアル」などで女性の育児休業取得率は100%、
男性も育児休業を取得する数が年々増えています。

取組みを推進すべく、男性の両立支援や同僚・上司の認知を深める一方で、
2005年より活動を行っているコミッティ「Hana*maison」も、
制度を使いやすくなるためにイントラネットなどで情報を発信しています。

社内でも男女共に仕事と育児の両立支援を積極的に進めていく一方で、
マタニティ、ベビー、チャイルドのベルメゾンカタログなどで育児が楽しくなる商品や
サービスを拡充しています。

一人でも多くのママや子どもたちの笑顔が増えるよう、千趣会は「にっぽん子育て応援団」の活動に
賛同し、 サポートしたいと思います。

一般社団法人日本ベビーダンス協会

企業名:一般社団法人日本ベビーダンス協会

所在地:東京都港区北青山2−7−26 フジビル28 2F

URL:http://www.bb-dance.com

ブログ:http://ameblo.jp/babybabydance/

宣言

ベビーダンスは赤ちゃんを抱っこして踊るダンス。親子の一体感の中、共に無条件の安心
感や信頼、愛情を感じあい、親子の絆を深めます。正しい姿勢での抱っこを身につけ、筋
力をつけていくことで美しいしなやかな身体と穏やかな幸せに満ちた心を育んでいきます。
ベビーダンスは2007年、一児の母であるプロダンサーの家庭から生まれ、2011年には国
内外で34598組、7万人以上の親子に愛されるまでに。父親のアイディアから生まれたエ
ピソードは、育児の男女共同参画の有効で楽しいツールとしても注目されています。これ
からも私達は夫婦・親子での「幸せな抱っこ」を世の中に広め、「にっぽん子育て応援団」
のサポーターとして取り組んでまいります。

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

企業名:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

所在地:東京都江東区豊洲3−3−3

URL:http://www.nttdata.com/jp/ja/index.html

宣言

NTTデータグループでは、社員が安心して出産・育児・介護と仕事を両立できるよう、
育児休職、短時間勤務・在宅勤務等の制度の充実や社員の理解促進、利用しやすい環境整備を進めています。
その結果として、2008年6月に厚生労働省の次世代認定マーク「くるみん」を取得。
2009年6月には「第3回父親が子育てしやすい会社アンケート(主催:特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン、株式会社第一生命経済研究所)」で最高位の三ツ星を受賞しました。

現在は、「多様な人財の活躍」と「働き方の変革」の両輪により
 1.全社員の活躍(量)
 2.多様な価値観から生まれるチャレンジと変革(質)
を推進しており、こうした取り組みにより、2013年度ダイバーシティ経営企業100選を受賞しました。

また、次世代育成においては、10年以上継続している「夏休みIT体験イベント」、「情報オリンピックへの協賛」、そして、日本経団連の「高等教育段階における実践的なIT教育の普及促進による高度情報通信人材育成」の部会長を務めるなど、ITの次代を担う人材の育成に積極的に取組んでいます。

2011年に、女性の活躍推進のために、仕事と子育ての両立支援する企業内託児所「エッグガーデン」を開設しました。

こうした様々な活動を通じ、私達は、子どもの未来と、社員の成長と、会社の発展につなげていきたいと願っており、にっぽん子育て応援団の活動趣旨に賛同いたします。

株式会社小学館集英社プロダクション

会社名:株式会社小学館集英社プロダクション

URL:http://www.shopro.co.jp/

宣言

株式会社小学館集英社プロダクション−ShoProは「エデュテインメント」を創造し提供する会社です。
「小学館アカデミー」「幼児教室ドラキッズ」、「通信教育ドラゼミ」の運営、
「ベビーシッターのHAS」、保育園の運営、野外教育施設・教育文化施設の運営などの
幅広いエデュケーション事業と、「ドラえもん」「ポケットモンスター」「スター・ウォーズ」などの
人気キャラクターのライセンス事業、「おはスタ」「ポケットモンスターシリーズ」などのTV番組の制作、
キャラクターイベントの企画運営などのエンタテインメント事業を両輪で展開。
子どもたちの明るい未来づくりをお手伝いしています。

社内では、出産や育児へのバックアップに力を入れており、
育児休業や時短勤務制度の利用が活発になってきています。
今後は、男性社員も含め、育児体験や家庭生活から得られた経験を、
事業にも恒常的にフィードバックして、
サービスの向上や社会への貢献につなげていきたいと考えています。
わたしたちは「にっぽん子育て応援団」の活動趣旨に賛同し、
子育てしやすい優しい社会になるよう応援していきます!

 

以上、2015年度登録企業・団体

日本航空株式会社

企業名:日本航空株式会社

代表取締役:植木 義晴

所在地:東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル

URL:http://www.jal.co.jp/

宣言

日本航空株式会社では、妊娠・出産・育児といったライフステージに合わせ、社員一人
ひとりが子育てをしながら安心していきいきと働けるよう関連の諸制度を整えるとともに、
その充実を図ってきました。具体的には、1981年と比較的早い時期より育児休職制度や
産前休職制度(妊娠確認時点より休職を認める)を導入、2002年には育児休職の期間を
満3歳までに拡大したほか、男性の育児休暇制度(短期間の休暇制度)導入などにより、
出産・育児とキャリアの両立支援に努めてきました。

また、毎週水曜日をノー残業デーと位置づけ定時退社を励行、1週間以上の連続休暇
取得を奨励するなど、労働時間の削減や年次有給休暇の取得促進によりワーク・ライフ・
バランスの実現に積極的に取り組んでいます。

これらの取り組みもあり、次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみん」(次世代育成
支援認定マーク)についても2008年、2013年とこれまでに2度取得しております。今後も
各種取り組みの強化により、男女を問わず、子育てを行う社員が仕事と家庭を両立する
ことができる環境づくりに努めてまいります。

JALグループは、一人でも多くのパパ・ママや子どもたちの笑顔が増えるよう、「にっぽ
ん子育て応援団」の活動に賛同し、サポートさせていただきたいと思います。

With Child

団体名:株式会社ウィズチャイルド

事務局:〒206-0011 東京都多摩市関戸1-1-5ザ・スクエアE-4

URL:http://www.with-child.co.jp/

宣言

京王線聖蹟桜ヶ丘駅周辺にて保育所3園運営・まま&べびーの部屋・モンテッソーリスクール・プレクラス・学童保育・コミュニティカフェを運営。

ウィズチャイルドは、「幸せを生み出せる環境づくりに全力で取組む」を理念に、利用者や地域の皆様との関係を、サービス提供者と受給者としてではなく、共に創りあげるパートナーとして捉える事を大事にし、全ての人達が、自分の力で自分を輝かせる事のできるステージを提供し続けます。

子ども・子育て新支援制度が、全ての子育て家庭に行き届く事を心から願い、日本の子育てに応援宣言致します。

子育てタクシー

団体名:一般社団法人 全国子育てタクシー協会

事務局:〒246-0031 神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷4-7-19(NPO法人まんま内)

URL:http://kosodate-taxi.com/

宣言

全国子育てタクシー協会は、子育て中の母親の声をもとに「子育てしやすい街づくり」の思いを抱いて、
玄関先までお迎えが出来るタクシーのメリットを生かし、荷物の多い乳幼児のサポート、
また保護者の代わりに責任を持ってお子様の送迎をする「子育てタクシー」を全国規模で
提供することを目的としております。

各地のタクシー事業者と地域の子育て支援事業者とのネットワークを作り、
一定のサービスの水準とマインドを保ちながら、子育て家庭の皆様に対してより安心で安全な
「子育てタクシー」を提供するために、タクシー事業者の意識改革や様々なケースに対応できるように、
子育てタクシードライバーの育成のための養成講座を開催しています。

私たちは、ひとりでも多くの女性が産み育てやすい環境を移動の面から支えられるよう
尽力するとともに、「にっぽん子育て応援団」の設立趣旨に賛同し、活動をサポート致します。

以上、2014年度登録企業・団体

医療法人レーニエ・川田じゅんこクリニック

企業名:医療法人レーニエ・川田じゅんこクリニック

所在地:山口県下関市川中豊町7−14−7

URL:http://www.jk-clinic.jp/

宣言

医療法人レーニエ・川田じゅんこクリニックは2009年10月に女性スタッフが運営する下関市内で唯一の膠原病内科専門クリニックとして、発足しました。働く女性が、リウマチ膠原病の最先端治療により快適に仕事が続けられるように、筋骨格系に疼痛の緩和、撲滅を目指して、専門知識を磨きあげて参りました。
また、働く女性の自立を目指して、育児中のスタッフを支援しながら、自由に働くことができる職場環境を作りあげて参りました。

私たちは、これから「にっぽん子育て応援団」の活動に賛同し、サポーターとして活動してゆくと共に、仕事も子育ても両立できる社会づくりをサポートしていきます。

一般社団法人ジェスペール

企業名:一般社団法人ジェスペール

代表:宗 祥子

所在地:東京都中野区松が丘1-10-13

URL:http://tohokumama.org/

宣言

(社)ジェスペールは、助産師を中心とした、妊産婦及び乳幼児を支援する団体です。

妊産婦ケアのプロである助産師が、子育ての過程の中で大変重要な産前産後
の時期をサポートすることで、新米ママが心身ともに満たされた状態で
子育てできるようになります。それが健全な母子関係につながり、子どもの健全
な成長を導くと考えています。

現在は、震災支援活動を続ける助産師のためのネットワーク組織として
「東北こそだてプロジェクト」を立ち上げ、被災地や避難先各地での被災妊産婦
と乳幼児への支援を行っています。

子どもを産む母親も大切にすること。
それはお腹の中の赤ちゃんも産まれたばかりの赤ちゃんも、大切にされることに
つながります。

今後も国内の妊産婦をサポートすることにより、女性が安心して出産及び子育て
を行えるように、そして子どもを産みたいと思える社会の実現と、
いつでもいつまでも子どもの笑い声が全国各地に響き渡る社会形成への貢献を
目指していきます。

私たちは「にっぽん子育て応援団」の活動趣旨に賛同し、応援していきます!

電力総連

団体名:全国電力関連産業労働組合総連合(電力総連)

会 長:種岡 成一

所在地:東京都港区三田2−7−13 TDS三田3階

URL:http://www.denryokusoren.or.jp

宣言

電力総連では、「仕事(ワーク)と(・)私生活(ライフ)の(・)調和(バランス)」の実現に向けて、

わたしたちは、電力の安定供給という仕事の責任をはたすとともに、
より幸せな人生を未来志向していきます。

わたしたちは、この働き方の改革を通じて、企業と地域、家庭への貢献度を高めていくとともに、
生きがいと働きがいを見つめ直し、暮らしやすい社会や労働環境の改善をめざしていきます。

を提唱し、1育児休業取得期間の拡大、2育児休業中の所得保障の改善、
3家族的責任を有する者の働き方の改善、4子の看護休暇の有給化をアクションプランのひとつに掲げ、
ワーク・ライフ・バランスの必要性を確認しあい、
協力して意識改革・風土醸成に取り組みを展開しています。

以上、2013年度登録企業・団体

日本アイ・ビー・エム株式会社

企業名:日本アイ・ビー・エム株式会社

所在地:東京都中央区日本橋箱崎町19-21

URL:http://www.ibm.com/jp/ja/

宣言

日本IBMでは、約10年前から在宅勤務や短時間勤務など働く場所や時間の柔軟性を
高める取り組みを行っています。

当初は子育て支援策としてスタートしましたが、2000年以降は会社全体で柔軟な働き方を推進し、
電話会議やWeb会議を活用して仕事を短時間で効率的に行い、余暇を楽しみ、

個人生活を充実させることを奨励してきました。

現在では、男女にかかわらず1万人以上の社員が在宅やモバイルワーク、短時間勤務など、
何らかの柔軟性のある働き方を利用しています。

また、次世代育成の観点では、科学への興味喚起や英語学習を目的としたキャンプ、
IBMのエンジニアが地域の小学校で行う出前授業など、対象は社員の子女にとどまらず広く行っています。

これらの取り組みは、次世代認定マーク「くるみん」の2期連続の取得につながりました。
日本がよりスマートに仕事と個人生活が調和した社会へと進化し、将来を担う子どもたちが
健やかに育つことを願い、私たちはにっぽん子育て応援団の活動を応援します。

医療法人愛和会 愛和病院

企業名:医療法人愛和会 愛和病院

理事長:藤田 壽太郎

所在地:埼玉県川越市古谷上983-1

URL:http://www.aiwahospital.or.jp/

宣言

当院は1973年の開院以来、5万人を超える赤ちゃんのご誕生に立ち会ってまいりました。

2006年、母子病院の責務として、ご出産後、母子が孤立しがちで最もサポートを必要とする
生後100日までを手厚くサポートしたいとの願いから、「愛ちゃんワールド健診センター」を開設しました。

育児支援と育母支援、ママとファミリーのための「こころの支援」フロアをめざし努めています。

当院はまた、埼玉県の子育て応援宣言企業に登録し、院内に託児室を設けるなど、
職員のワークライフバランスをサポートしています。
子ども達の幸せな未来を願い、「にっぽん子育て応援団」の設立趣旨を強く支持し、
応援させていただきます。

以上、2012年度登録企業・団体

NPO法人わははネット

団体名:NPO法人わははネット

理事長:中橋 恵美子

所在地:香川県高松市大工町1-4

URL:http://npo-wahaha.net

宣言

私たちNPO法人わははネットは、母親たちの輪から(輪母)生まれました。
私達は以下をクレドとし活動をしています。

※すべての母親が子育てをしている自分をすきになれる社会を目指します。
※すべての子どもが愛され、生まれてきてよかったと思える社会を目指します。
※すべての人が子育てに関心を持てる社会を目指し、
子ども・家族・地域・企業・ 行政等との連携を推進します。

私たちも小さなNPOですが「次世代育成支援行動計画」を作り
香川県から「子育て・介護応援企業認証マーク」も取得し率先して子どもがいるからこそ
輝いて働ける職場作りを目指しています。

株式会社 wiwiw

会社名:株式会社 wiwiw

所在地:東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル3階

URL:https://www.wiwiw.com/

宣言

株式会社 wiwiwは、株式会社資生堂で誕生した日本初の休業者職場復帰支援プログラム
wiwiw(ウィウィ)の普及推進を主な活動としています。
また、企業・組織のワーク・ライフ・バランスや女性活躍推進の取り組み支援にも広く
ご協力させていただいております。

人口減少が進展する日本において、少子化問題は、経済活力向上のためにも解決すべき重要な課題となっています。
また、いまだに出産を機に7割近い女性が退職しているという課題もあります。
弊社では、これらの課題の解決に貢献していくために、私たちの事業をソーシャルビジネスとして位置づけ妊娠・出産をした女性が意欲的に継続して就業できる環境づくりを支援していまいりたいと考えています。そして、女性労働力率のM字カーブ改善につなげ、社会、企業・組織、個人に対して
それぞれに貢献してまいります。

私たちは「にっぽん子育て応援団」の活動に賛同しサポータとして活動していくとともに
仕事か子育てかという二者択一ではなく、仕事も子育ても両方を選択できる社会づくりを
サポートしてまいります。

以上、2011年度登録企業・団体

こころタクシー

企業名:こころタクシー

所在地:東京都練馬区田柄1-14-19

URL:http://www.cocorotaxi.com/

宣言

2008年9月から「女性、お年寄り、お子様、そしてファミリーのみなさまの暮らしの安心・安全・快適も
サポートしていきたい」という想いから「cocoro taxi(こころタクシー)」という
女性ドライバーによるタクシーをスタートさせました。

こころタクシーのドライバー(「アテンダントドライバー」と呼称)は、「やさしさ」「強さ」「きめ細やかさ」という
特性を持ち合わせている女性を積極的に起用しております。

出産を控えた女性の健診の送迎、働く女性の子育てのサポートとして、
保育園への送迎、お子様の習い事のお迎えなど、生活に密着した様々なシーンで安心して
ご利用いただける、そんなタクシーを目指していきます。

みえまち子育て支援センター やしの実ひろば

団体名:みえまち子育て支援センター やしの実ひろば

所在地:豊後大野市三重町菅生 地域交流センター

URL:http://sugaohoikuen.jp/yashinomi/nai.html

宣言

私たちホームスタート やしの実 のスピリットは、フレンドリーで協力的で、思いやりがあり、人を信じ、
人を敬い、ひはん的ではなく、優しく寄り添うことです。
「親が親をサポートする」ピアな活動を行います。

ホームスタートホームビジター養成講座を修了した認定ビジターが、
家庭へ週1回2時間程度無償訪問します。
訪問を希望する家庭へ週1回2時間程度無償訪問します。
友人のように寄り添いながら「傾聴」(話を聴く)「協働」(一緒になにかをする)などの活動をし、
親が心の安定や自信を取り戻し、地域へと踏み出して、他の支援につながるきっかけ作りを応援します。

株式会社ポピンズ

企業名:株式会社ポピンズ

代表取締役:中村 紀子

所在地:〒150−0012東京都渋谷区広尾5−6−6 広尾プラザ5階

URL:http://www.poppins.co.jp/

宣言

株式会社ポピンズは、1987年、女性による女性の為のプロのベビーシッターの
養成と派遣からスタートしました。

現在では、認可保育所からインターナショナルプリスクールの運営に至るまで、
地域に根ざした子育て支援をフルラインでサービスし、働く女性の活躍をサポートする
大きな存在となってまいりました。

また、最高水準の保育サービスを目指し、1999年には保育事業者として初めて、
ISO9001の認証も取得しております。

今後は、男女共同参画社会の形成、大人も子どもも健やかに安心して暮らせる地域社会づくりにと子どもへの教育支援、子育て サービスに関するさらなる充実を図っていくことを目指します!

TOPへ戻る

講師派遣いたします

にっぽん子育て応援団について

  • にっぽん子育て応援団とは?
  • 趣旨書
  • 企画した人たちは?
  • お問い合わせ

企業サポーター紹介

にっぽん子育て応援団に賛同する企業・団体サポーターを紹介!

企業サポーター紹介

自治体首長の子育て応援宣言

自治体首長よりコメント

自治体首長の子育て応援宣言

NPO・市民活動団体

NPO・市民活動団体を
募集しています。

応援団の応援をお願いします

ロゴ・キャラクターを広めよう
バナーをはろう

にっぽん子育て応援団

ロゴ・キャラクターに込めた想い

佐野研二郎氏より
コメント

佐野研二郎氏