にっぽん子育て応援団について

企画した人たちは?

応援団長

樋口恵子

樋口恵子:NPO法人高齢社会を浴する女性たちの会理事長 東京家政大学女性未来研究所所長

「日本の子どもたちのように世界中の子どもが幸せになるように」ヒラリーさんと一緒に、頑張って応援しましょう。

5月、風薫る季節。
子どもたちの未来を、あらゆる世代の人々が祈り、活動するのに最も適した季節です。

堀田力

堀田力:公益財団法人さわやか福祉財団会長・弁護士

「子育ても子育て応援も気合いがいるんです」とパンフにあって、眼が覚めた。

「気合いを入れなくちゃ!」 しかし、何に? 
何日か考えて、やっとわかった気がした。

「子育てに気合いがいるってことを、男達に実感してもらうために!」
こんな応援団で、いいのだろうか。

安藤哲也

安藤哲也:NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事

なんとかしたいと思うのは母親(女性)だけではありません!
現代の育児で必要なのは、父親の存在=パパ力(ぢから)です。

「子育ては僕らの問題だ!」。世の男性(父親)たちが実感し、当事者意識を持って
て行動していくことを期待します。この応援団で共にロック(揺さぶって)していきましょう!

勝間和代

勝間和代:経済評論家

「日本を主要国の中で一番、子どもに温かい国にする」、それが私の目標です。

OECD諸国の中で最低水準に近い公的な教育費支出、
たくさんいる保育園の待機児童、少ない児童手当、結果として、
多くの人が子どもを産みたいのに産めないと 躊躇し、出生率は1.3しかありません。

でも、みんなが望むだけ子どもを産むことができれば、出生率は1.7まで上がるのです。また、ひとり親家庭の貧困問題 も深刻です。
母子家庭の60%が相対的貧困となっています。
子どもたちには、平等な機会を、そのためには、社会全体で子どもたちを守り、サポートするしくみが必要です。

そして、子どもたちが日本に生まれてよかった、努力をすると報われる、
将来が明るい、そういう気持ちがむくむくと自然にわいてくる日本に
していきたいと思います。

企画委員

渥美雅子

渥美雅子:弁護士

「じいじ」と「ばあば」の出番です。

平成19年12月、政府はワーク・ライフ・バランス憲章を発表した。
人口減少時代に於いて、子育てをしながら仕事を続けていける社会を築くのは
喫緊の課題であり、未来への投資であるとしている。


そして10年後の2017に向けて様々な数値目標を設定した。


例えば第1子出産前後の女性の継続就業率を55%に上げる(現行38%)、
例えば育児休業取得率を女性は80%(現行72.3%)に、
男性は10%(現行0.5%)に上げる、などなど。
ならば、もうひとつ、リタイアした「じいじ」と「ばあば」の力を子育てに生かせないものか。


ファミリー・サポート・センターの登録会員をみても、
常にサービス提供会員よりもサービス希望会員の方が多い。
「じいじ」や「ばあば」が持っている保育力をこのまま埋もれさせておくのは
実に勿体ないことである。

岩田喜美枝

岩田喜美枝:公益財団法人21世紀職業財団会長

私は、女性も男性もすべての人が生きがい持って充実した人生を送るため、
また、少子高齢社会を皆で支えるために、
共働きが当たり前の社会にしたいと考えてきました。

つまり、女性にとっては子育てをしながら無理なく仕事を続け
キャリアアップができる社会、
男性にとってはしっかり育児に関わることができる社会にしたいと思います。


そのために、企業は、子どもが小さい時期の男女社員を対象とした
育児と子育てとの両立支援と、すべての社員がワークライフバランスを
実現できるような働き方を実現する責任があります。


一方で、政府には、保育所・学童保育対策を質・量とも飛躍的に充実させるために
資源シフトを期待します。

奥山千鶴子

奥山千鶴子:NPO法人子育てひろば全国連絡協議会理事長

子どもが産まれて、生活が180度かわった。 
子どもが産まれて、時間の流れがかわった。
子どもが産まれて、社会の弱さが目についた。 
子どもが産まれて、人の温かさを知った。
子どもが産まれて、親に感謝した。
子どもが産まれて、私に力が生まれた。
子どもが産まれて、世界がぐーんと広がった。

次の世代に何を引き継げるのか、大人の責任が問われる。
乳幼児とその家族のための居場所づくりを通じて、
子育て家庭の最初の一歩を応援してきた。


子ども・子育て支援の基盤整備の実現と、
安心して子育てできる温かい社会づくりにむけて活動する、
にっぽん子育て応援団を応援します。

清原慶子

清原慶子:三鷹市長

市民との協働による「未来への投資」
〜子どもの育ちを地域で見守る三鷹市の取り組み〜

三鷹市は、東京都のほぼ中央に位置する人口約17万9千人の市です。
都心に近く、交通の利便性を生かしつつ、都立井の頭恩賜公園に
代表される緑豊かな高環境と高福祉のまちづくりに努めています。

特に、子育てしやすいまちづくりを心がけ、「保育の質のガイドライン」を公立、
私立、認証保育園等で共有しつつ、子ども中心の保育サービスを実施し、
最近の5年間で約500名の定員拡大を図ってきました。

また、三鷹市では、「子ども家庭支援センター」を中心とした
ひろば事業の充実をはかるとともに、(株)まちづくり三鷹、
地元のNPO法人と協働で運用している子育て支援ポータルサイト
「みたか子育てネット」で情報提供を行い、
子育て中の現役ママと協働で「赤ちゃんといっしょ!三鷹おでかけマップ」を
作成し、保育園と地域コミュニティの連携による「出前型親子ひろば事業」など、
さまざまな子育て支援サービスを展開しています。

三鷹市では、これからも「いきいきと子どもが輝く教育・子育てのまちづくり」の実現に向けて、子育て応援団の取り組みを進めてまいります。

倉田薫

倉田薫:池田市長

池田市は、五月山の緑と猪名川の清流など豊かな自然に恵まれ、歴史・伝統・文化の香りが漂うまちです。一方、大阪国際空港のほか、鉄道、高速道路といった交通網が整備された利便性の高い人口10万の都市です。

本市では、次世代を担う子どもたちを育むために「子ども・子育て支援日本一」をめざし諸施策を進めております。

これまで幼保連携型認定こども園・認可保育所の整備や送迎保育ステーションの活用により、年度当初における待機児童ゼロを継続的に達成してきました。しかし、全国的な保育士不足と要件緩和に伴う保育需要の高まりにより、平成28年4月当初に95名の待機児童が初めて発生するため、“保育所待機児童問題緊急対応宣言”を行い、待機児童解消に向けた施設整備等を進めています。

今後も、池田市子ども条例の理念に基づいて幼保一体化を進める中で、質・量とも就学前教育・保育の一層の充実を図るとともに、「池田市子ども・子育て支援事業計画」に基づき、子どもを安心して生み育てることや子育てと仕事が両立できる環境の整備を行います。

池田市が名実ともに子ども・子育てのトップランナーとして、就学前幼児教育のあり方を明確にするとともに、ソフト・ハードの両面から幼児教育の充実と保育環境の改善に取り組みたいと考えています。

神津 里季生

神津 里季生:連合会長

2015年4月より子ども・子育て支援新制度がスタートしました。

連合は、これまでも「子どもの最善の利益」の基本理念のもと、
男女がともに安心して子どもを産み育てられる環境づくりに向け、
子ども・子育てを社会全体で支える総合的な支援体制を求めてきました。
また、幼児教育・保育の質の改善をはかるため、保育士の処遇改善や職員の配置基準の改善なども訴えてきました。

こうした課題を着実に解決していくためには、子ども・子育て支援新制度を実効あるものにしていくことが必要です。
そのために、すべての自治体で労使代表を含む多様なステークホルダーの参画のもと、新制度の実施状況の点検と検証を行い、 地域ニーズに応じた支援を確実に行っていかなければなりません。

連合は、子ども・子育てを社会全体で支える仕組みの構築のため、
にっぽん子育て応援団の取り組みを進めていきます。

嶋野道弘

嶋野道弘:元文教大学教育学部教授

野原に、公園に、街角に、子どもの声が溢れ、子どもの姿が躍動する。
それは豊かで安心な社会であるかどうかの指標です。

現状、その指数は相当に低く深刻です。
今日の社会で子どもを産み、子どもを育てるには、
科学的で専門的な知識や技術が必要です。

豊かな経験や知恵も、無邪気に子どもとかかわってくれる人も必要です。
そして、全ての大人が子育てへの関心を持つことが欠かせません。

「それなら、私にもできることがある」という人々の集まりが、
子どもと子育ての親を主役にする「にっぽん子育て応援団」です。

林文子

林文子:横浜市長

370万人都市・横浜で、現場目線とぬくもりを大切に、「安心して子どもを産み育てられるまち」の実現を目指しています。

横浜市の子育て支援策は、保育サービスの拡充による保育所待機児童の解消だけでなく、地域での子育て支援、産科・小児医療、親子保健、さらには障害児支援、ひとり親家庭への支援や社会的養護の推進、児童虐待防止など多岐にわたっています。

社会的な機運の醸成も欠かせません。育児と仕事の両立支援としてのワーク・ライフ・バランス推進に加えて、子育て家庭の皆さんが外出した際に、授乳室やおむつ替えスペースの提供、また様々な配慮やサービスを受けられるお店や施設を増やす子育て家庭応援事業「ハマハグ」を展開するなど、「まち全体で子育てを見守る」地域づくりも進めています。

横浜の強みは、多様で豊富な人材と活発な市民活動、多彩な企業活動の蓄積があることです。これからも、夢と希望にあふれる未来の横浜へ向けて、市民の皆様、NPOや企業の皆様とともに、子育て支援や子どもの育ちのため、取組の輪を広げていきたいと思います。

椋野美智子

椋野美智子:前大分大学教授

どうして、この国では、子ども向けの政策にほんのちょっとしか
公的なお金が使われないのでしょう。

だって、子どもは選挙の票をもっていない。
子育て中の親たちは忙しくて投票に行くのがやっと。
政治献金のお金もないし、後援会活動やってる暇もない。

だから、政治家たちには一番弱い子どもたちの声が聞こえない、
一番大変な親たちの姿が見えない。子育てはできない人、しない人もいます。

その自由は守りたい。でも、だからこそ、子育ての応援はしたい。
応援なら誰でもできる、いつでもできる。
忙しい親たちに代わって、力のない子どもたちに代わって、大きな声で言います。

子どもたちに私たちの税金を使って!
それが私たちの未来の安心でもあるのだから。

柳澤正義

柳澤正義:国立成育医療研究センター名誉総長・小児科医

 この度、にっぽん子育て応援団の企画委員としてお仲間に加えさせていただきました。

 私は、永年、小児科医として、子どもの医療・保健・福祉の問題に関わってきました。 今後も進行する少子社会において、すべての子ども達に明るく幸せな未来を約束することは現在に生きる大人達の責務です。

 

 孤立し、不安や困難を生じがちな現在の子育てを、地域社会が暖かく見守り、必要な サポートを提供すること、行政はそのための制度・体制面の整備を進めることが求められています。

 「にっぽん子育て応援団」がますます大きな力を発揮して下さることを期待し、また、 私自身も目標に向けて努力したいと考えています。

山田正人

山田正人:経産省の山田課長補佐「ただ今育休中」著者

子育てって楽しい。
多くの父親にそう実感してもらえたら、母親も子供達も家族みんなが幸せになるはず。

けれど、現実には、父親を子育ての楽しみから引き離すさまざまな障害が
世の中には横たわっています。
にっぽん子育て応援団で力を合わせて、こういう障害を一つ一つ取り除いていくのが私の願いです。

子育てを通じてそれぞれの家族が幸せになること。
その積み重ねがニッポン全体の“国益”であることに、
早く日本社会のお偉いさん方に気が付いてほしいのです。

吉田恒雄

吉田恒雄:NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事長

子どもの虐待は、子育てに不安やストレスをかんじた親であれば、
誰に起きても不思議ではありません。

子ども虐待は、特別な家庭でおきる、特別な事件ではありません。
たからこそ、子ども虐待をなくすには、子育て支援策を充実し、
親が安心して楽しく子育てができる社会を作ることが必要なのです。

さらに、虐待を受けて保護された子どもたちが、心のキズをいやし、
のびのびと生活できるよう、児童福祉施設や里親家庭での
環境を整備することも大切です。

私たち「NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク」は、
「子ども虐待のない社会を目指す」を目標に、シンポジウムやパレード、
子ども虐待防止のシンボルマークである「オレンジリボン」の配付、
子育て支援や虐待防止・社会的養護充実のための政策提言などを通じて、
子ども虐待の防止を訴えています。

(五十音順、平成28年7月1日現在)

TOPへ戻る

講師派遣いたします

にっぽん子育て応援団について

  • にっぽん子育て応援団とは?
  • 趣旨書
  • 企画した人たちは?
  • お問い合わせ

企業サポーター紹介

にっぽん子育て応援団に賛同する企業・団体サポーターを紹介!

企業サポーター紹介

自治体首長の子育て応援宣言

自治体首長よりコメント

自治体首長の子育て応援宣言

NPO・市民活動団体

NPO・市民活動団体を
募集しています。

応援団の応援をお願いします

ロゴ・キャラクターを広めよう
バナーをはろう

にっぽん子育て応援団

ロゴ・キャラクターに込めた想い

佐野研二郎氏より
コメント

佐野研二郎氏