TOPICS一覧

【終了しました】地域人材交流研修会 in きたみ「地域でどう支える? 介護と育児の同時進行 ダブルケア」のご案内。

【終了しました】地域人材交流研修会 in きたみ「地域でどう支える? 介護と育児の同時進行 ダブルケア」のご案内。

2016/08/22

2016年度地域まるごとケア・プロジェクトでは、「ともに地域で暮らす仲間として何が出来るか」をテーマに、全国4ヵ所で、それぞれの地域の実情に合わせたテーマで人材交流研修会を開催します。
北海道北見市で開催の研修会のテーマは「ダブルケア」。育児と介護が同時期に発生し、育児と介護、両方の不安や悩み、孤独感を抱え、子育て仲間にも介護仲間にも理解してもらえない辛さがあります。介護保険だけ、子ども・子育て支援だけでは支えきれません。必要なのは、それぞれの分野に関わる人々同士の連携です。複雑化する地域課題、子どもと子育て家庭も含めた家族まるごと、地域ぐるみで支え合うまちづくりについて、一緒に何が出来るか考えました。
当日、ダブルケアを深く理解できる「ハッピーケアノート」(ダブルケアサポート編)を実費(300円)でお分けしました。

日時:2016年10月14日(金)13:30~16:30(受付開始13:00)
会場:北見芸術文化ホール大練習室 (北海道北見市泉町1-3-22)
■対象:学生、子育て・介護などの当事者、
子育て支援・介護関係者、行政担当者、
     企業、子育てやまちづくりに関心のある方

■定員:120名 (保育定員 10名)
■参加費:無料 ※終了しました
■保育料:無料(生後6カ月以上1名あたり) 
※お申し込みは締め切りました。
■懇親会:交流会終了後に場所を移動して開催 
※要事前申込み。

<プログラム>
第1部話題提供
わがまちでも増えている?「ダブルケア」 
 子育て情報誌miku編集長 高祖常子さん
 北見市保健福祉部次長  大栄一裕さん
第2部ワークショップ
ダブルケアを通して複合課題の解決を考える

☆参加お申し込み方法
◆インターネットで
https://ssl.formman.com/form/pc/J3hyZCHRTGWirM6f/
◆ファクシミリで   FAX:03-3269-3314
①氏名 ②所属 ③TEL ④メールアドレス ⑤保育の有無 ⑥懇親会参加の有無を明記。
◆お問い合せ先:にっぽん子育て応援団 
info@nippon-kosodate.jp

主催:にっぽん子育て応援団  
協力団体:NPO法人耳をすませば
後援:北海道オホーツク総合振興局 北見市

北見市人材交流会告知ちらし.pdf

講師派遣いたします

にっぽん子育て応援団について

  • にっぽん子育て応援団とは?
  • 趣旨書
  • 企画した人たちは?
  • お問い合わせ

企業サポーター紹介

にっぽん子育て応援団に賛同する企業・団体サポーターを紹介!

企業サポーター紹介

自治体首長の子育て応援宣言

自治体首長よりコメント

自治体首長の子育て応援宣言

NPO・市民活動団体

NPO・市民活動団体を
募集しています。

応援団の応援をお願いします

ロゴ・キャラクターを広めよう
バナーをはろう

にっぽん子育て応援団

ロゴ・キャラクターに込めた想い

佐野研二郎氏より
コメント

佐野研二郎氏